スノボバスツアーで持って行きたい持ち物

スノボバスツアーで必須の持ち物と言えば、ウェア上下です。レンタルでも良いのですが、これからもスノボを続けるのなら、揃えておいたほうが良いです。 昔からあるゲレンデの場合、デザインが悪く、防水性の無いウェアが貸し出されることが多いので満足しにくいです。ゲレンデで可愛さやカッコよさをアピールしたいなら、自分のお気に入りのウェアを用意しておくべきです。 ニット帽は頭を守ったり、防寒のために必須アイテムなので、必ず持って行くことです。顔回りのオシャレにもなるので、購入の際はこだわって選びましょう。インナーもスノボに必須アイテムで、吸水性と速乾性のあるものを着て、その上にスウェットを着ておくと安心です。 初心者は転ぶことが多く、汗をかきやすいのでインナーは必ず持っていきましょう。ほかにも下半身をあたためるためのタイツや厚手の靴下を用意しておくと役に立ちます。スノボバスツアーではマスクも必需品で、バスの車内は乾燥しているので、あれば便利です。 バスの中で寝たい人は耳栓を持って行くと良く、バスの走行音や他の人の話し声が気になる人は耳栓があると助かります。安眠するためには、空気を入れて膨らむまくらもオススメです。 夜行バスで行くスノボバスツアーならアイマスクがあると便利で、トイレ休憩の際、電気がついても気になりません。バスの車内は寒いこともあるので、膝にかけられるストールか厚手のパーカーを用意しておくと良いでしょう。