関西のラフティングスポット!

ラフトと呼ばれる専用のゴムボートに乗って川下りを楽しむスポーツがラフティングです。ベテランは激流で、初心者は穏やかな流れの川でと、レベルに合わせて楽しむことができます。ラフティングを楽しめるスポットは関西にもたくさんあります。 関西でツアーを開催している会社もたくさんありますので、行きたいスポットがあれば申し込んでみると良いでしょう。半日川下りを楽しんだ後、バーベキューが楽しめたり、水上ゲームや飛び込みイベントがあったりするなど、各社特色のあるツアーを展開しています。京都でラフティングするなら保津川が有名です。関西一と呼ばれる激流と、緩やかな流れが交互に現れるといった変化にとんだ川なのが人気の理由です。 自然に囲まれているため、四季折々いろいろな景観が楽しめます。半日川下りを楽しんだ後はトロッコに乗って嵐山に行き、観光するなど、さまざまな楽しみ方もできるのも人気の理由でしょう。また奈良の吉野川も人気の高いスポットです。関西きっての美しい川と呼ばれる吉野川で、急流と穏やかな流れとを楽しむことができます。滋賀県では、琵琶湖から流れる瀬田川でラフティングが楽しめます。 水量が豊富で水温は高め。穏やかな渓流を楽しめ、入門コースにちょうどいいと言えるでしょう。ラフティングは、ライフジャケットとヘルメットを着用します。そのため泳ぎが苦手な方でも問題ありません。また経験豊富なガイドがつきますので、初心者でも安全に楽しめます。 ツアーによっては幼児からの参加も可能です。家族や恋人、友人たちと、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

四国を代表する吉野川はラフティングのメッカです

四国の中を流れる吉野川は日本の中では3大暴れ川などと言われています。激流の流れを持つのが特徴で、上流域ではラフティングを楽しむ事が出来るスポットがあり、人気を集めています。ラフティングは激流の川下りを楽しむ事が出来る自然を利用したアクティビティスポーツです。春の雪解けシーズンは川の水量が増えるので、よりスリリングな体験をする事が出来ます。 しかし、水量が少ない季節などの場合や大雨が降った時などは危険を伴う事になるのでツアーが中止になる事もあります。吉野川の人気スポットは大歩危や小歩危などのエリアで、JR土佐線の小歩危駅や大歩危駅周辺の吉野川上流域で楽しむ事が出来るようになっています。春は新緑のシーズン、川の水量は雪解け水により多くなるので激流の川下りを楽しませてくれます。 夏は都会の熱さを忘れさせてくれるほど、川の水は冷たく、夏場でもウェットスーツを着用しないと川に投げ出された時にさむくてたまらないほどの水の冷たさを満喫出来ます。激流の川を下るのがラフティングの醍醐味ではありますが、川下りは常に激流の場所だけではありません。場所によっては緩やかな流れの場所もあります。吉野川の大歩危や小歩危エリアは紅葉でも人気が高いエリアでもあり、秋の吉野川でのラフティングは川の上から見る紅葉もお勧めです。 春から秋にかけてラフティングツアーを開催しているショップが多くあるので、四国に訪れた時などチャレンジしてみると良いでしょう。

四国でラフティングを楽しもう

日本は自然豊かな国で、アウトドアを楽しむには最適な国と言えます。そんな中でも魅力的なアウトドアと言えばラフティングです。ラフトと呼ばれるボートのようなものに乗って、急流を下っていくレジャースポーツで、世界中に多くの愛好家を持つ魅力的なアウトドアと言えるでしょう。 日本には、多くの川があり全国で楽しむことができますが、ラフティングが楽しめる地域の一つに四国地方が挙げられます。急流を下ることを楽しむレジャーと言うことは、流れの速い俗に暴れ川と呼ばれる川はスリリングな川下りを楽しむことができるはずです。 そのため、日本三大暴れ川の1つである吉野川のある四国は魅力的なスポットであると言えるでしょう。通称四国三郎、場合によっては次郎と呼ばれるくらい日本を代表する暴れ川である吉野川はラフティングをするのにうってつけです。特に、小歩危という急流区間は日本一の激流とも言われ、他の川では味わうことのできない体験ができるでしょう。もちろん、四国には吉野川の他にも魅力的な川があります。 日本最後の清流と呼ばれる四万十川も川下りには魅力的な川と言えるでしょう。吉野川ほどのスリルはないかもしれませんが、澄んだ川を満喫することで快適な時間を満喫できること間違いなしです。 また、四万十川を楽しむ際には滑床渓谷も一緒に楽しむといいでしょう。四国でのラフティングは、安いものでは5、000円前後のツアーもあり、金銭的に気軽に楽しむことができるのも魅力です。

岐阜でラフティングをするなら!

最近話題のアウトドアスポーツの一つが激流下りのラフティングです。全国で体験することができますが、岐阜でラフティングを体験するなら日本三大清流の一つである長良川がおすすめです。元々、岐阜は大きな山々に囲まれた土地で、自然を思いっきり感じられる場所でもあります。 そしてその風景を見ながら川下りを体験できるのが長良川です。長良川にはラフティングに最適なスポットがいくつかあります。まず、一つ目が最大級の激流ポイントである「ドカンの瀬」です。ここはシーズンによってはボートがひっくり返るくらいの水量があるので、乗組員が一丸となって協力する必要があります。そして二つ目の難関が「ザンゲの瀬」です。ここは大小の岩があり、それを上手く避けなければ進むことができません。 しかし、そこはプロのガイドが付いているので、その指示に従えば難なく乗り越えることができます。そして、長良川のラフティングスポットは激流だけではありません。穏やかな流れの場所もあるので、そこでは自然の風景を眺めながら川下りを楽しむことができます。 このようなことから、岐阜でラフティングをするなら長良川がおすすめです。激流ポイントもありながら、川底が見えるくらい穏やかな清流の場所もあるので、色々な流れを一度に体験することができます。そして、岐阜は温泉が多い土地柄でもあるので川下りの後に温かい温泉を楽しむこともできます。アウトドアを楽しむならおすすめです。

長良川で、本格的アウトドアラフティングを楽しむ

岐阜にある長良川というと、穏やかな川の流れで行う鵜飼いが有名ですが、大自然も多くラフティングが楽しめる川でもあります。長良川にはラフティングが楽しめるスポットがいくつかありますが、バーベキューなどを一緒に楽しめる場所もあるため、一日思う存分アウトドアを満喫することが出来ます。 川下り専用の大型ゴムボートに乗ってプロのガイドと激流下りを楽しんだり、自然の中にあるジェットコースターのようなスリルを楽しむことが魅力です。時には岩にぶつかったりすることもありますが、専用ボートはとても頑丈で破れたりはしません。アウトドアスポーツの魅力を十分に味わうことが出来ます。流れが緩やかな場所では、みんなが一致団結してパドルを漕ぎ、一緒にスポーツをする達成感は爽快感抜群なのです。 長良川でのラフティングは、交通アクセスの利便性も魅力の一つです。東海北陸自動車道のICから降りてすぐの場所にあるところもあり、遠方からくるお客さんも多くなっています。また、高速バスを利用して訪れることも出来ます。岐阜高速バスの停留所からほど近いアクセスで行けるところもあり、名古屋から高速バスを利用して訪れる人もいます。長良川で行っているラフティングツアーは、多くの会社が参加しています。 それぞれにボートの数や組み合わせ可能なツアー内容が異なっています。スケジュールを確認し、自分たちにあったアウトドアを楽しめる会社を選ぶことは大切です。