関西発の富士山行き夜行バスに乗るために

富士山へ行くには夜行バスを利用した方が一番です。

自家用車で行くのも便利ですが、荷物をトランクに入れなければならず、寝袋や食料品を詰め込んだリュックサックは意外に重量があります。その点、バスであれば運転手が下の広いトランクに入れてくれるので、手間が掛かりません。また、富士山登頂後のお土産散策でも、バスの中に購入したものを置いておけるので、ずっと持っている手間などが省けます。一番良いのは帰り運転しなくて済むということです。

気をつけていても猛烈な眠気に襲われるので自動車の運転は非常に危険です。プロのドライバーに任せることが出来る夜行バスがもってこいなのです。関西発の夜行バスの場合、富士山行きはシーズンであればたくさん有ります。シーズンを過ぎると本数が減ってしまい、集客数が臨めない便はなくなってしまうのが常です。このため、関西発とはいうものの、実際は大阪駅からの出発と読み替えて計画するのがいいでしょう。

事前にスケジュールを確認しておかないと、富士山登頂は天候に大きく左右されるので思わぬずれが生じます。大雨などが発生するとあらかじめわかっているのであれば、よほどの上級車で無い限り盗聴するのは危険です。山の傾斜は日常では味わえないほど急なので、滑落する恐れも大いに出てきます。怪我をしないためには登らないで雨がやむのを待った方が良いです。関西発の夜行バスに乗れば、現地に午前中に着くのでゆとりを持って行動できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *