富士山への登頂は関西発の夜行バスを利用しよう

富士山への登頂を考えているのであれば、相当の体力を付けておく必要があります。

自家用車だと運転手は道中に気を遣うのでエネルギーが消費してしまいます。電車であれば、重い荷物を担いで何本も線を乗り継いでいかなければならず、接続を間違えると大幅な時間のロスになってしまうので、富士山への登頂どころではありません。これらを考えると関西から富士山へ向かうのであれば、関西発の夜行バスを利用するのが一番ということになります。関西発の夜行バスは大阪、神戸、京都と、大都市であれば一定以上の本数があるので現地にいつ頃着きたいかによってどこの場所から乗るのか決めましょう。

あまり早すぎてもすることがないという人は出来るだけ遅めの便に乗ることで正午近くに現地に着くので、昼飯を食べて英気を養ってから登ることが出来ます。関西発なので大阪は発着便が多いため、大阪近辺に住んでいる人は他の地域に住んでいる人と比べて時間的に余裕が生まれます。

ただし、県外からそのバスを目当てに申し込む人も少なくないので、日にち及び時間が決定次第、すぐ予約を取りましょう。大阪近辺に住んでいるのに県外の発着便に申し込まなければならないほど情けないことはありません。値段は5000円程度です。注意点として富士山に着くまで1~2回しかトイレ休憩を設定していないので、夜行バスに乗るまでに必ずトイレは済ませておきまます。あとはなるべく水分を摂らないようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *