世界遺産に登録された富岡製糸場を訪問するツアー

群馬県の富岡製糸場を目的地にするツアーでは、近代化遺産や大自然の絶景を眺めて楽しむことができます。

東京方面から参加する場合には、日帰りでも十分に楽しめるプランが用意されています。富岡市をはじめとして、農産物資源に恵まれた下仁田町にも訪れることがあるため、新鮮で良質な野菜をお土産として購入できます。富岡製糸場が世界遺産に登録されてからは、国の内外で注目度が高まっています。レンガ造りの壮大な建物が特徴で、細部にまで美しい装飾が施されています。

現在は工場としては稼働していませんが、最盛期の時代と同じ状態で保存されていますから、明治時代の躍動を感じることができます。このツアーで富岡市に訪問したときには、上野国一宮となる貫前神社に参拝したり、妙義山の周辺へ訪れることもおすすめです。このツアーを個人で楽しむ場合には、最初には深谷市に立ち寄って、富岡製糸場の設立に尽力した渋沢栄一の生家に立ち寄ることもおすすめです。

渋沢栄一の生家から近い場所にある田島弥平旧宅は、富岡製糸場に関連する施設として、世界遺産の一部になっています。深谷市に訪問してからは、鉄道や高速道路を利用して、富岡製糸場に向かうことになります。その後にはコンニャクの製造工場を見学したり、軽井沢へ移動して観光を続けることも可能です。このツアーの計画段階では、歴史的に重要な名所を選ぶことになりますが、レンガの建物がある場所は必見の価値があります。
usjの宿泊のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *