日本でスノボを楽しむなら北海道で決まり

日本でスノボを楽しむなら、北海道で決まりでしょう。

北海道は海外のスキー客、スノーボード客にも人気が高いエリアで、世界的にもパウダースノーが楽しめると話題になっています。スキー場の数も多く、ニセコなどは外国人が特に多いです。スノボは雪の状態が良くないと楽しくすべることは難しいです。雪は非常に繊細で、気温が上がってしまうと雪は密度が高くなり、非常に重い雪へと変化してしまいます。

この重い雪はターンの際にエッジに重くのしかかり、思い通りにすべるができない場合があります。さらに、温度が上昇すると、シャーベット状になり、さらに滑りにくい状態になります。そして、一番最悪なのが、このシャーベット状になった雪が、夜の気温低下と共に凍りだすと、いわゆるアイスバーンという状態になります。アイスバーンではエッジの抵抗が掛かりにくいので、スピードのコントロールが難しくなります。

車のタイヤで考えてもらえれば分かりやすいと思いますが、ブレーキを掛けても思った以上に進んでしまい、制動力が著しく落ちるのです。北海道のスキー場はこのようなことが起こりにくく、冬の間はパウダースノーを楽しめます。スノボを始めようと思っている人は、旅行ついでに北海道のスキー場に行ってみると良いです。ボードはレンタルできますし、ウェアーもレンタルできるので、手ぶらで行ってもスノボを楽しむことができます。中級者~上級者向けのコースも充実しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *