関西でもスノボを楽しめる

日本でのスノボ人気は1990年代、2000年代に若者を中心に広がり、今ではその若者達が30代、40代になり、自分の子供にスノボを教えることにより、スノボ人口の裾野が広がり続けています。

スノーボードはオリンピックの正式種目であり、その種目もいくつかに分かれています。ゴールまでのタイムを競う種目や、ジャンプの高さや難易度を競う種目など色々な種目があります。日本スノーボード界には期待の若手選手が多く、将来を有望されているジュニア世代の選手も多いです。日本はスキー場の数が比較的多く、北海道などは世界中から上質な雪を求めた観光客が訪れます。東北地方、甲信越地方、関東地方もスキー場は多く、都内から多くの観光客などが訪れます。

後、意外といられていないですが、関西地方にもスキー場は存在します。雪の状態が良いベストな期間こそ短いですが、パウダースノーを楽しむことは十分可能です。関西地方は関東甲信越地方と比較すると若干気温が高く、雪が解けやすいというデメリットはあります。しかし、関西地方に住んでいる人は、スキーやスノーボードをするためだけの理由で、わざわざ関東までくるのは面倒でしょう。なので、アクセスの面を考えると関西地方のスキー場が良いです。

スノーボードは、一年中できるスポーツでありません。しかし、だからこそ限られた期間で思い切り楽しむことが重要なのです。スノーボードが楽しめる期間は12月~3月くらいです。その期間は思い切り楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *