日帰りでスノーボードに行く

スノーボードが趣味という人にとっては、ゲレンデがオープンする時期を心待ちにしてしまうものです。

気候によってはゲレンデオープンは遅くなることもあり、また雪が解けてしまえば早くゲレンデが終わってしまうこともあります。そんな短いシーズン中にたくさんスノーボードを楽しみたいのであれば、日帰りで行くのも一つの案です。ゲレンデまでは遠いので、行き帰りの移動時間を考えると連休を取って行きたいものです。しかし、年中無休の職場で働いているとなると社員が交代で休みを取らなければならず、連休がなかなか取りにくいという環境で働いていている人もいるものです。

連休が取れるタイミングを待っていたらあっという間に春になってしまうものですが、日帰りであれば何度でもスノーボードを滑りに行くことができます。日帰りでゲレンデに行くには、電車を利用するとなると始発を待たなければならないことになります。ゲレンデによっては最寄駅から遠くて移動に時間がかかり、到着したころにはもうお昼近くになっていることもあります。

前日の夜から現地入りをするとなると、一泊分の宿泊費がかかってしまうことになりますが、夜行バスであれば宿代も取られずに安く済ませることができ、朝から滑り始めることができてとても役立ちます。バスツアーは、夜に出発をして夜中の寝る時間に移動をし、朝一番のすいている時間から滑り始めることになります。帰りは夕方に現地を出発することになるのですが、消灯とならなくても仮眠を取っておけば次の日の仕事に影響を与えません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *