スノーボードはバスツアーで

スノーボードが趣味の人にとっては、短いゲレンデシーズン中にたくさん滑りに行きたいものですが、ネックとなるのが宿泊費や交通費です。

スノーボードは、山の上の雪がたくさんある場所でのスポーツともなるので、自宅からは距離が遠くて交通費がかかってしまいがちであり、なかには日帰りでは難しく現地で泊まらなければならない場所もあります。そうなると、一回行くだけでも高額な費用が掛かってしまいますが、日帰りであれば宿代を抑えることができます。バスツアーでは、車中泊となっても宿代がかかりません。

近場にあるゲレンデであれば早朝に出発をして日帰りで帰ってくることができるのですが、遠方であっても新潟県や長野県であれば夜行便で出発をして日帰りで帰ってくることができます。夜行のバスツアーでは、夜の22時から23時ころに都内を出発して行きます。乗車場所が数か所用意されているので、家から近い場所を選んで乗ることができます。全員が乗車したら消灯となり、翌朝まで眠っている間にバスが移動となります。

バスツアーは、早朝のリフトが動き始める時間に合わせて到着をします。場所によっては、洗顔や歯磨きなど身支度を行う待合室が用意されていることもあります。朝はまだスノーボードやスキー客もまばらな時間帯なので、リフトも並ぶことなく次々と乗ることができます。たくさんの本数を滑ることができるので練習にもなり、早く上達したいという人にもピッタリです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *