乳幼児連れの家族旅行

年に一度は行きたい家族旅行ですが、子供が小さいとなかなか思うような身動きが取れず逆に疲れるからと、あきらめている人も多いのではないでしょうか。

特に乳児がいて粉ミルクを飲ませている場合、哺乳瓶に消毒液にお湯にと、持って行く荷物を考えただけでも大変さが伺えます。ですが、天使のように無垢な可愛さがあるのも一時だけですから、たまには気兼ねなく家族旅行に出掛け、旅先の可愛い想い出を作っておきたいものですよね。

実は今、そんな乳児連れの家族へ配慮されている宿がたくさん増えてきています。部屋でのお湯のサービスはもちろん、コンセントを全てキャップによって防いだり机の角を柔らかいもので覆うだけでなく、落ちても心配ないように、ベッドは低めの物を設置するなどの安全対策から、子供が退屈しないよう絵本やDVDの無料貸出に、ご飯には離乳食が用意されていたりと、家から持ち込んだり旅先での手間が少しでも少なくても済むように計算されているのです。

お風呂では座らせる事の可能なバスチェアがあったりお湯をぬるめに設定されているところもあります。また、オムツなどの育児用品を忘れた場合は売店にて購入可能になっている宿もあります。

それから何より子連れを歓迎するスタイルの宿は、同じように宿泊されている人達も子連れが多いため、泣き声や叱責をそんなに気にする必要もありません。思い切って家族旅行に行ってみると、案ずるより産むが易しという諺もありますから、案外満喫できるのかもわかりませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *