四国で夏のラフティング

新しい夏のレジャーとして注目を集めて、年々人気が出てきているラフティングと言うレジャースポーツはご存知でしょうか。

かつては危険で激しく、一部の愛好家だけのスポーツと思われてきましたが、最近では安全対策も十分にされ、ガイドやインストラクターも増えて、子供から大人まで女性も男性も誰でも楽しめる一般的なレジャーとして認知されてきて人気が出始めました。

ラフティングは、ラフトという名前の5人から10人ほどが乗れるゴムボートに乗って川を下るスポーツです。穏やかな川ではなく、激流や急流を下ります。

ボートに乗ったみんなで力を合わせ、自然の地形でできた川の難所をクリアしていきます。速い流れと、荒っぽい道のりはスリル満点です。

激流を下りますので、水しぶきを浴びながらのアトラクションになりますので、夏の暑い日に人気です。流れの穏やかな場所では川に飛び込むこともできます。

涼とスリルを同時に感じることができて、非常にエキサイティングで夏のレジャーとしてはピッタリです。ラフティングは日本全国で行われていますが、四国はその中でも代表的で人気のポイントです。

吉野川は日本三大暴れ川の一つに数えられ、その難所では世界大会も行われます。四国のラフティングは一般の方でも楽しむことができます。

ガイドやスクールもたくさんあり、ライフジャケットやヘルメット、もちろんボートも全てレンタルすることができて、手軽に楽しむことができます。夏の四国も楽しそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *