ラフティングとは四国でもできる?

ラフティングは数人乗りのゴムボートで川を下るレジャースポーツです。

穏やかな川よりも激流や急流を下ることが多いです。一昔前は、激しくて危険で一般的なスポーツとは言えませんでした。一部の愛好家やアスリートが本気で挑戦するようなイメージが有る人もいると思います。

しかし最近では、誰でも気軽に参加できる、スポーツというよりもレジャーとして楽しまれ、人気を獲得してきています。

熟練のインストラクターやガイドもいて子供から女性まで、楽しく参加するラフティングが流行っています。

ラフティングは19世紀のアメリカで生まれました。木製のボートで川を下ったのが最初と言われています。その後ゴムボートを使うようになり、数十年前から日本でも始める人が現れ始めました。

安全対策の発展と共に一般的にも知られるようになり、レジャーの一環として道具をレンタルで提供して、誰でも参加できるツアーも生まれ一般の人にも人気が出るようになりました。

冷たい川を水しぶきを浴びながら川を下るのは、夏のレジャーとしてはピッタリで、シーズンには多くの人が参加します。

四国でもラフティングはできます。むしろ四国は日本でも有数のポイントとして人気です。

四国を流れる吉野川は日本三大暴れ川の一つで、吉野川の激流ポイントはラフティングの世界大会が行われるほどの名所となっています。

ツアーを行うインストラクターやガイドも多いので、初めて参加するのにも良い場所でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *