保津川ラフティングの魅力

保津川は京都府の丹波高地を水源とした川で、上流部は大堰川という名称ですが、亀岡市から嵐山まで約16キロの保津峡付近では保津川と呼ばれ、嵐山渡月橋からは桂川となります。

京都屈指の景勝地で、観光川下りやトロッコ列車などで広く知られていますが、観光川下りよりもスリルがあることや、自分で操縦する楽しみから、近年では若者を中心にラフティングに人気が集まっています。保津川は激流や深淵が多く、関西地区で最も本格的なラフティングが楽しめることが魅力で、多くの業者がラフティングツアーを企画しています。

その多くは半日コースと1日コースに分かれており、半日コースは5千円前後が相場で、ラフティングと食事、記念写真などがセットになっているプランが主流です。1日コースは1万円から1万5千円が相場で、半日コースとは食事の内容が異なることや、温泉がセットになっているなどの違いがあります。子供と一緒に楽しめるファミリープランなどを用意している業者もありますので、事前に確認しておくことが大切です。

また、予約をしておくと京都駅や大阪駅までの送迎や、事前割引などの特典がある業者もあります。保津川は京都市内から電車でも車でも30分程度とアクセスが良く、多くの人で賑わいます。ラフティングを楽しむ場合、ヘルメットやライフジャケットは業者側で用意されていますが、水着か着替え、タオルは持参し、濡れても良い靴を履いていくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *