長野でラフティング体験

ラフティングの醍醐味と言えば、恐怖さえも感じる激流や落差を、乗船しているみんなの力で乗り切ることと、間近に迫る大自然の息吹やパワーが感じられることでしょう。

一回のラフティング体験でも色んな非日常を味わえます。いざ出発し激流が次々と目の前に現われれば、最初は戸惑うものの次第に慣れてきて、恐怖や緊張を感じるどころか面白さが沸き起こり、激流に向かっていく気持ちも出てくると思います。

乗り切った時には大きな達成感があると共に乗り切ったメンバーで喜びを共有出来ます。そして包み込んでくれるような大自然の風景にほっとする瞬間もあるはずです。さて、山の多い長野県では色々な川でラフティングを体験出来ます。

例えば犀川(さいがわ)や天竜川・姫川などがあります。犀川は長野県の中央から北部に流れる一級河川で、下流で千曲川と合流し、長野を出れば信濃川に名前を変え北東へ向い、新潟で日本海に注ぎます。

天竜川は諏訪湖から南下し、愛知県と静岡県を下って浜松から太平洋へ注ぎます。姫川は信州白馬の南部に源があり、北上して新潟の糸魚川から日本海に注ぎ込みます。もちろん、どの川も距離が長いので、ラフティングをするのはそのうちの一部の流域だけです。

しかし中には10km以上の距離を下ることが出来るところもあります。長野のラフティングは、激流だけでなく穏やかな所も沢山あり、川に飛び込んだりまわりの豊かな自然を眺めたり、子供から大人まで、またカップルやファミリーでも楽しめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *