京都の保津川ラフティングのコース内容とは

京都市内にある観光スポットは、散策をしながら観てまわるものがほとんどです。最近は単に観るだけではなく、実際に体験しながら楽しむ観光スポットが人気を集めています。

亀岡市から嵐山の渡月橋に至る保津川では、ゴム製のボートに乗ってパドルを操作しながら川下りをするラフティングを体験することができます。ベテランの船頭さんが舟を操作する川下りとは違い、参加者がボートを操作して美しい保津峡の自然を楽しむことができます。

保津川のラフティングコースは3月から11月にかけて実施され、小学1年生以上であれば子供でも参加することが可能です。スタート地点は亀岡市の新保津大橋付近で、ゴムボートを操作しながら川の途中または嵐山にある渡月橋付近まで川下りを楽しみます。

最長のコースは16kmに及び、約2時間をかけて嵐山を目指します。ラフティングコースが終了するのはお昼過ぎで、午後の時間は嵯峨野・嵐山をゆっくり散策することができます。

保津川ラフティングコースは完全予約制で、川下りの後に温泉の入浴がセットになった最長の充実コースの参加費用は1人あたり9、000円です。コースの流れですが、集合時間(午前8時30分)までに受付を済ませてからライフジャケット・ウェットスーツ・ヘルメットなどを着用し、ガイドから講習を受けます。

パドルの使用方法を練習した後に9時30分頃に出発し、参加者全員が協力してボートを操作してお昼頃にゴール地点に到着します。ゴールしたら着替えをして温泉に入浴したり、食事を楽しむことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *