大阪と東京の往復には高速バス利用がおすすめです

大阪と東京を往復する場合、高速バスを利用すると様々なメリットがあるためおすすめです。

新幹線や飛行機と違い安いです。特に新幹線の場合は普通料金の他に特急料金がかかるため、高速バスを利用すると昼行の場合では新幹線の片道料金で往復できるくらいの差があります。デメリットとしては移動時間の長さがありますが、夜行バスを利用するとバス内で眠れ朝にはついているため十分な活動ができます。

大阪と東京の高速バスには、昼間に走行する昼特急系と夜間に走行するドリーム系があり、臨機応変な選択が可能です。ドリーム号の場合は、東京と大阪の両方とも最終便が0時前に出発するため、ある程度残業してから乗車する事が可能な点も魅力です。

朝早くから活動したい場合は21時台のドリーム号に乗車すると、翌朝6時半すぎには到着します。昼特急では全席のカーテンが閉まらないため、本格的なドライブがバスを通じて楽しめます。基本的には東名経由の便が多いですが、一日に一便だけ中央道を走る中央道昼特急号が大阪と東京の両方から出ています。

この区間の高速バスは中央自動車道が通行止めにならないかぎり、高井戸から小牧までの全区間をドライブする事が可能です。中央自動車道に加え、吹田から小牧までの名神区間もドライブできる点も魅力です。

昼特急とドリームの両方とも、車内にトイレがついているため緊急時にも安心できるほか、途中で少しの時間ですが開放休憩があるため、簡単な飲食物の買出し程度ならする事ができます。特に昼特急の場合は3回程度の開放休憩があるため、座ってばかりよりも外に出て体をほぐす事をおすすめします。料金については、昼特急の方が安いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *