日帰りで大清水から歩く尾瀬

日帰りで尾瀬にハイキングに訪れる際には、鳩待峠・大清水・富士見下・沼山峠・御池といった5つの入山口を利用することができます。

その中でも大清水は南東にあり、群馬県側に属しているので関東方面から行きやすい入山口です。人気となっているハイキングコースは、尾瀬沼や大江湿原といったスポットを往復するコースになっています。

このハイキングコースは、関東から日帰りで訪れるのに適しています。やや距離のあるハイキングコースですが、林間・岩清水・沼・湿原といった変化に富んだスポットがあるので自然を満喫するには最適です。

大清水から日帰りでハイキングを楽しむ際の見どころには、大江湿原で見られるニッコウキスゲの大群生があります。ニッコウキスゲは7月中旬から下旬頃がピークで、大江湿原がニッコウキスゲの山吹色に染まります。

その風景は大変美しく、尾瀬のハイキングの中でも人気があります。それから林道をずっと登って行き、三平下にまで到達すると東北一の高峰である燧ヶ岳の雄大な姿を見ることが出来ます。尾瀬沼と燧ヶ岳が絶妙にマッチして、清々しい気持ちにさせてくれます。沼の周囲には湿原が点在しており、湖畔には整備された木道が続いています。この辺りは高低差も少ないので、散策をしながらハイキングを楽しむことができます。

その先には、天然の岩清水を飲むことができる場所があります。冷たい天然水は渇いた喉を潤してくれるので、リラックスすることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *